•  フラット35を利用するには、建設、あるいは購入する住宅について、住宅金融支援機構が定める独自の技術基準に適合していることを証明する適合証明書の交付を受ける必要があります。この適合証明書は、検査機関へ物件検査の申請を行い、適合している場合に交付されます。  ここで一旦話を変えて、建築基準法における住宅を建てる際に通常必要な検査について見てみましょう。  まず、家を建てる前に、設計が終わっ... 続きを読む
  • 民間ローン フラット35 取り扱い金融機関 都市銀行、地方銀行、信託銀行、信用金庫、信用金庫、ネットバンク、JA、ろうきん、ノンバンクなど。 住宅金融支援機構と提携している民間金融機関。 利用できる範囲 新築や中古住宅、土地を購入したり、住宅を建設、リフォームするときなど。また、ローンの借換えなど。(金融機関によって異なる。) 申込人またはその親族が住むための住宅の建設... 続きを読む
  •  住宅ローンを組むことでかかる費用をここでは見ていきましょう。まず、まとめてみました。 ○●金銭消費貸借契約書に貼る印紙代金 ●保証会社事務手数料 ●ローン保証料 ○融資手数料 ○機構団信保険料 ○●火災保険料・地震保険料 ○●抵当権設定登記の登録免許税  ○…フラット35の場合  ●…フラット35以外の金融機関の場合  消費貸借とは、お金や図書券、お米などの貸し借りのことです。貸してもらった物をその... 続きを読む
  •  以前から、物件価格の20%位は自己資金で充当しなさいと言われてきました。理由は「どこで借りる?」の項にもあるように、土地と建物の価値が物件価格の80%くらいしかないからです。  もし万が一返済不能になったとき、物件価格の80%しか借りていなかった場合、土地と建物を担保で持っていかれてそれでおしまい、他に何も請求されるものはありません。そういった意味でも、物件充当資金は大いに越したことはありません。... 続きを読む
  •  フラット35以外の住宅ローンを組むと、ローン保証料というものがかかります。これが結構な負担になります。その支払い方ですが、たいてい「一括払い」と「金利上乗せ」の2種類の方法があります。どちらか好きなほうを選べます。  一括払いだと、返済期間35年の場合、100万円当たり約2万円かかります。3000万円借りると60万円支払わなくてはなりません。金利上乗せの場合、だいたい実行金利+0.2%です。計算するとわか... 続きを読む
  •  借入れ条件は各金融機関によって多少異なりますが、だいたいこういうものだという条件を挙げてみたいと思います。 年齢 : 借入時の年齢が満20歳以上満70歳(71歳)未満の方で、 最終返済時の年齢が満80歳(81歳)未満の方。 年収 : 前年の年収が100万円以上の方。 勤続年数 : 給与所得者の場合、勤続年数1年以上の方。 給与所得者以外の場合は、勤続または営業年数が3年以上の方。 融資金額 : 1億円以内 (フラット3... 続きを読む
  •  では、皆さんはいくらまで借りられるのでしょうか。  手っ取り早い計算方法は、民間ローンで35年ローンの場合、[年収×6.5]です。もちろん計算で出た額より多く貸してくれるところもありますし、そこまで貸してくれないところもあります。多く貸してくれるところは [年収×7]前後くらいまで貸してくれます。  計算で出た額は、自己資金の少ない方が探すお家の最高額といってもいいでしょう。ちなみに、ここでい... 続きを読む
  •  住宅ローンといっても、その借り入れ先の選択肢はかなり多いです。都市銀行、地方銀行、信託銀行、信用金庫、信用組合、ネットバンク、ノンバンク、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)、保険会社、信販会社、ろうきん、JA、などなど…。  どこで借りますか?自分が口座を持っている銀行で借りますか?まぁ借り入れ条件の一つで、給与振込み先をうちの口座にしてくださいというのも結構多いので、口座を持っている銀行で... 続きを読む